概要

基本理念

大阪暁明館病院はキリスト教精神に基づく全人的医療を通して、地域住民が心の絆を実感できる病院を目指します。

本院職員の行動指針

我々は、

  1. 最良の設備、環境を整え、安全で質の高い医療を提供します。
  2. 愛情と尊敬をもって接し、何が最良かを一緒に考え、温かい医療を実践します。
  3. 地域の医療、介護を行う方々と連携し、地域の皆様の健康と生活を守ります。
  4. 医療を通じて自己研鑽し、健全な病院運営を行い、社会貢献を果たします。

病院データ

病床数

許可病床数……… 482床
 HCU…………   4床
 一般病棟……… 197床
 産婦人科病棟…  20床
 障害者病棟……  45床
 回復期リハビリテーション病棟
      ……  60床
 地域包括ケア病棟 24床
 療養病棟……… 132床

救急医療

一次、二次救急 24時間体制

施設基準
  • 一般病棟入院基本料 7対1
  • 療養病棟入院基本料 1
  • 障害者施設等入院基本料 10対1
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1
  • 急性期看護補助体制加算 25対1
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 療養環境加算
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 栄養サポートチーム加算
  • 感染防止対策加算1
  • 患者サポート体制充実加算
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • 総合評価加算
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • データ提出加算
  • 退院支援加算
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
  • 地域包括ケア病棟入院料1及び地域包括ケア入院医療管理料1
  • 入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • 開放型病院共同指導料
  • がん治療連携指導料
  • 排尿自立指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 地域連携診療計画加算
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅療養後方支援病院
  • 持続血糖測定機加算及び皮下連続式グルコース測定
  • HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 検体検査管理加算(Ⅳ)
  • 心臓カテーテル法による緒検査の血管内視鏡検査加算
  • 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
  • コンタクトレンズ検査料1
  • 遠隔画像診断
  • 画像診断管理加算2
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 透析液水質確保加算2
  • 磁気による膀胱等刺激法
  • ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
  • 膀胱水圧拡張術
  • 人工尿道括約筋植込・置換術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に掲げる手術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
  • 輸血管理料(Ⅰ)
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人口膀胱増設術前処置加算
  • 麻酔管理料(Ⅰ)
  • 保険医療機関間の連携による病理診断
  • テレパソロジーによる術中迅速病理組織標本作製
  • テレパソロジーによる術中迅速細胞診
認定施設
  • 臨床研修施設 協力型
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科認定教育施設
  • 日本内科学会認定教育関連病院
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本高血圧学会高血圧認定研修施設
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本整形外科学会整形外科専門医研修施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設(関連施設)
  • 日本大腸肛門病学会認定施設
  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 日本透析医学会認定医教育関連施設
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本眼科学会専門医研修施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本静脈経腸栄養学会認定NST稼動施設
  • 日本消化管学会胃腸科指導施設
  • 日本血液学会認定血液研修施設
身体障害者指定医師
  • 内  科  藤原正義(心臓機能障害)
  • 循環器内科 児玉 和久(心臓機能障害)
  • 循環器内科 小松 誠(心臓機能障害)
  • 整形外科  吉田 淳(肢体不自由障害)
  • 脳神経外科 三田泰伸(肢体不自由障害)
  • 外  科  西嶋宗義(膀胱・直腸機能障害)
  • 外  科  石丸英三郎(膀胱・直腸機能障害、小腸機能障害)
  • 眼  科  石田 理(視覚障害)
  • 泌尿器科  坂 宗久(腎臓機能障害、膀胱・直腸機能障害)
大阪暁明館病院病院指標

→ 平成27年度 大阪暁明館病院 病院指標

沿革

大正4年 5月 大阪市此花区四貫島文徳町(現四貫島2丁目)に篤志家広岡菊松氏が労働者の宿泊施設「大阪暁明館」を建設。
昭和6年 9月 広岡信貴知氏より母校関西学院に大阪暁明館の施設・運営一切が寄付され、学生セツルメントとなる。初代理事長に信貴知氏の恩師・神崎驥一教授が就任
昭和11年 3月 此花区高見町に分館を設け、キリスト教伝道活動も行う
昭和12年 6月 財団法人に認可される
昭和15年 12月 高見分館に軽費診療所を併設、今日の病院の礎に
昭和22年 5月 四貫島文徳町の本館を転用して大阪暁明館病院を設立。
無料・低額診療施設並びに生活保護法に基づく医療保護施設として低所得者・生活困窮者を主とする診療を開始
昭和27年 5月 社会福祉事業法公布に伴い社会福祉法人に認可される。
無料・低額診療施設並びに生活保護法に基づく医療保護施設として低所得者・生活困窮者を主とする診療を開始
昭和35年 8月 此花区春日出の現在地に鉄筋4階建166床の新病院(現本館)完成。高見分院と合わせ許可病床278床の中規模病院に発展
昭和50年 7月 本館の北に隣接して鉄筋地下2階、地上6階建、217床の新館完成。本館と合わせ許可病床383床となる。診療科目は内科、外科、整形外科、理学診療科、産婦人科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科の8科
昭和63年 10月 病院の近代化に向けて新館の抜本的改装に着手。救急治療室を新設するとともにICU機能を備える集中治療室を病棟に設置
平成2年 4月 脳神経外科を新設
平成3年 2月 救急告示病院に指定される
平成7年 6月 腎センター(人工透析)開設
平成12年 4月 CS顧客サービス部 新設
平成13年 5月 病院機能評価認定証取得
平成13年 8月 回復期リハビリテーション病棟開設
平成14年 11月 院内全面禁煙
平成15年 4月 「暁明館健康ライブラリー」オープン
平成15年 5月 本館2階・3階に療養病棟開設
平成16年 6月 暁明館西九条クリニック・暁明館西九条デイケアセンター開設
平成17年 5月 大阪暁明館創立90周年式典
平成17年 7月 SAS(睡眠時無呼吸症候群)センター開設
平成18年 5月 病院機能評価更新(ver.5.0)
平成19年 6月 大阪暁明館が大阪市の指定管理者に指定され、此花区の介護老人保健施設「おとしよりすこやかセンター西部館」を管理・運営
平成22年 1月 大阪暁明館が大阪北市民病院の事業継承予定者に決定
平成24年 4月 大阪市より此花区南西部地域包括支援センターの運営を受託
平成25年 4月 大阪市此花区西九条に新築移転
平成27年 6月 病院機能評価認定(3rdG:Ver.1.0)
平成28年 5月 HCU病棟4床開設 
平成29年 7月   地域包括ケア病棟24床開設 

主な診療統計

病院臨床指標 2016年4月 ~ 2017年3月

⇒ 大阪暁明館病院 臨床指標

2017年2月 ~ 2017年7月
項 目 4月 5月 6月
患者数 入院 1日平均 355人 354人 347人
新入院患者数 405人 404人 411人
外来 1日平均 463人 494人 456人
新患者数 1248人 1344人 1407人
救急件数 152人 150人 172人
紹介患者件数 344人 397人 364人
項 目 7月 8月 9月
患者数 入院 1日平均 369人 382人 370人
新入院患者数 440人 430人 377人
外来 1日平均 488人 455人 481人
新患者数 1393人 1445人 1232人
救急件数 188人 188人 139人
紹介患者件数 389人 412人 405人

このページの先頭へ