平成28年度 大阪暁明館 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 53 40 137 250 380 360 618 926 951 245
少子高齢化の影響で70歳以上の患者様が多数をしめています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 33 29.7 13.6 0 85.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 30 69.03 21.25 0 85.43
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 23 66.17 19.24 0 81.83
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 20 15.65 11.06 0 78.5
0400801299x000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 19 9.89 8.31 5.26 42.26
高齢患者様の肺炎及び誤嚥性肺炎が多数しめており、在院日数が長くなっております。
次いで敗血症も高齢患者様が多く、在院日数も長くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 162 6.17 3.22 0.62 69.89
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 102 6.27 4.71 0 72.92
050130xx99000x 心不全 61 19.57 17.95 0 81.15
050130xx99020x 心不全 23 30.78 25.02 0 81.52
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 15 8.6 6.75 6.67 71.47
狭心症患者様が多数で患者様に負担の少ない心臓カテーテル治療を行っています。
次いで高齢の方の心不全患者様が多数おられます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 12 8.17 7.89 0 64.17
060150xx03xxxx 虫垂炎 12 6.5 5.60 0 33
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 11 28.36 19.24 0 50.82
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 - - - - -
060150xx99xx0x 虫垂炎 - - - - -
30歳代の虫垂炎が多数をしめていて手術を行っています。
次いで敗血症が多く治療期間が長くなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 83 64.43 20.57 0 79.39
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 64 76.83 27.63 0 84.53
160760xx97xx0x 前腕の骨折 28 6.75 5.49 0 57
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 18 56.61 26.26 0 75.44
080011xx99xxxx 急性膿皮症 18 13.22 11.97 0 71.11
腰椎圧迫骨折及び股関節の骨折の患者様が多数おられ、手術後回復期リハビリテーション病棟へ転棟される為、在院日数が長くなっております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 39 7.79 7.78 2.56 72.95
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 32 5.47 5.83 3.12 61.41
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 23 8.61 7.44 0 74.39
110310xx99xx0 腎臓または尿路の感染症 16 22.63 12.43 12.5 77.31
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 14 4.36 7.08 0 58.21
高齢の方の前立腺肥大症や尿路疾患・膀胱腫瘍が多数をしめており、手術も行っています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 42 6.64 6.29 0 43.1
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 35 8.6 9.88 0 32.43
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 30 5.9 6.42 0 30.67
120140xxxxxxxx 流産 23 1 2.43 0 33.61
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 22 5.09 6.18 0 0
30代~40代の患者様で子宮筋腫の手術を多数行っています。
内分泌
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし) 20 28.15 12.46 0 68.9
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシアスを除く。)(末梢循環不全なし) 17 18.65 11.48 0 58.59
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 10 25.3 13.60 0 83.3
030400xx99xxxx 前庭機能障害 - - - - -
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) - - - - -
50歳代~60歳代の糖尿病患者様が多く、血糖コントロール目的にて入院されております。
次いで高齢の方の肺炎が多くしめております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - 23 - 1 6,7
大腸癌 - - - - 24 - 1 6,7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌が多数をしめており、入院手術を行っています。
また不明となっている症例におきましては入院中に検査結果が出ていない為、分類出来ていないものも含まれています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 16.97 53.65
中等症 92 32.26 83.82
重症 - - -
超重症 37 58.08 83.27
不明 - - -
高齢患者様の中等症例が多数をしめています。入院にて抗生剤投与を行い軽快退院される患者様が多いです。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 12 57.67 79.08 6.06
その他 21 18457 80.52 3.03
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞の発症後3日目以降の患者様が多数をしめています。
点滴等の急性期治療を行い、その後リハビリを行ってから退院する為、在院日数も長くなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 119 0.95 1.68 0 67.15
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 1.57 6.48 0 71.33
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 2 14.56 0 78.88
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 136.69 324.62 0 81.77
K654 内視鏡的消化管止血術 12 1.25 10.5 0 70.83
60歳代~70歳代の患者様で内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の短期間の入院で多数行っております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 110 2.69 5.73 0 72.92
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 16 1.88 9.81 0 73.69
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 16 1.38 5.63 0 73.69
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 13 0.08 16.85 7.69 65.31
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
経皮的冠動脈ステント留置術等の心臓カテーテル治療を短期入院にて多数行っております。
次いで、四肢の血管拡張術・血栓除去術も多数行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 39 0.33 1.13 0 70
K6335 鼠径ヘルニア手術 16 1.38 5.81 0 66.38
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 12 0.42 5.08 0 33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 11 1.27 5.91 0 54.27
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - - - 0 -
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術等を短期入院にて多数行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 73 3.47 55.26 0 81.1
K0462 骨折観血的手術(下腿) 29 2.93 21.03 0 62.38
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 28 1.75 14.82 0 53.61
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 25 1.4 3.04 0 54.72
K0821 人工関節置換術(膝) 18 1.06 54 0 75.67
高齢患者様が転倒にて受傷され下肢の骨折観血的手術を受ける方が多数おります。術後リハビリを行って退院されるされる患者様が多く、在院日数が長くなっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 191 0.76 0.82 0 75.3
K279 硝子体切除術 - - - - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -
高齢患者様の白内障手術を短期入院にて多数行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他) 42 2.5 5.29 2.38 73.45
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 33 0.94 3.73 3.03 61.42
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 26 1.12 8.38 0 74.19
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 22 1.05 7 0 64.05
K610-3 内シャント設置術 20 5.8 139.9 0 71.3
70歳代の患者様の経尿道的レーザー前立腺切除術や経尿道的尿路結石除去術を短期入院にて多数行っております。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 45 1.02 4.11 0 36.16
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 30 1 6.73 0 32.63
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 26 1.08 5.23 0 46.54
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 23 0 0 0 33.61
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 19 1 4.58 0 39.47
30歳~40歳代の患者様で子宮附属器腫瘍摘出術や腹腔鏡下膣式子宮全摘術を行っております。腹腔鏡での手術なので入院期間は短期間の方が多いです。
また分娩時の帝王切開術も多数行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 19 0.48
180010 敗血症 同一 - -
異なる 89 2.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 30 0.76
異なる - -
肺炎等で入院されている高齢患者様が入院が長期化し症状悪化し、播種性血管内凝固症候群や敗血症に陥る場合が多いため発生割合が少し高くなっております。
更新履歴
H29.10.2
H29.9.28の更新分が間違っておりましたのでH29.10.2に更新いたしました。