概要

看護部紹介

社会福祉法人大阪暁明館看護部門は、大阪暁明館病院・西九条クリニック・総合地域医療センター・おとしよりすこやかセンター西部館と、急性期医療から在宅医療まであらゆる角度から地域の皆様の健康をサポートしています。
私たちは、社会福祉法人大阪暁明館のミッションに基づき、この専門性と独自性のある各施設で、同じベクトルで、優しさと思いやり、そして心温まる看護・介護が提供できるよう質を高める努力をしています。
そのために私たちが大切にしていること、それは、自分を認め、相手を認め、感謝の気持ちを忘れないこと、そして常に笑顔でいるよう心がけることです。笑顔は「ひと」を癒す力があり、「ひと」でしかできない「技」でもあります。
この笑顔を大切に、地域の皆様をはじめ、医療従事者の皆様からも選ばれる施設としてさらに一層環境を整えていきたいと思います。
社会福祉法人大阪暁明館看護部門をどうぞよろしくお願い致します。

看護部理念
すべての人々に信頼される 心のこもった看護を実践します
看護部基本方針
  • 個々の権利を尊重し、安全で安心できる看護を実践します
  • 専門職としての自覚を持ち、能力開発に努めます
  • 地域との連携を密にし看護活動を通して地域に貢献するとともに病院経営に積極的に参画します
透明性のある組織でスタッフ全員が看護部の方針を共有

看護部門の大きな特長の1つが、透明性のある組織だということです。どの部署も上下間の垣根がなく、スタッフは思ったことを積極的に発言します。また、〝ホウ・レン・ソウ〟が徹底されており、正確な情報がスタッフ全員にタイムリーに伝わります。
こうした組織を実現している大きな要因が、スタッフへのきめ細かな教育と、看護部の情報伝達・安全管理体制の確立です。目標管理や卒後教育の充実を図り、スタッフの自己実現とキャリア開発への支援を行っています。さらに、看護部長と副看護部長による管理者ミーティングや、師長会議、主任会議を定期的に開催しトップの方針を伝達。師長、主任はそれを各部署に持ち帰りスタッフに浸透させます。逆に、スタッフの思いや提案を師長、主任が持ち寄り、会議の場で検討。優れたアイデアや提案はすぐに業務に反映されます。
このように、スタッフ間のコミュニケーションが緊密で意思統一がしっかり図られ、透明性のあるオープンな組織であることが質の高い看護へと結びついているのです。

このページの先頭へ