看護部長メッセージ

 近年、2025年問題に焦点となり医療のあり方が問われ、効率的かつ質の高い医療提供体制の構築と地域包括ケアシステムの構築という2つの柱を背景に、診療報酬の改定が行われてきました。2018年度の改訂ではこれらを徹底するための仕組みを構築する改定と言われています。
 大阪暁明館病院は、キリスト教精神に基づく全人的医療を通して、地域住民が心の絆を実感できる病院を目指すことを理念としています。そして、急性期・回復期・慢性期の機能をもち、さらには老人保健施設・クリニック・デイサービス・訪問看護に至る医療・看護・介護を展開してきたグループ病院です。平成29年度は陽子線治療も始まる予定であり、まさにこれから求められるものすべてを兼ね備えた病院と言えます。これらの環境を活かし、大阪暁明館病院看護部は、「すべての人々に信頼される心のこもった看護の実践」を理念とし、看護を展開して来ました。
 今後、医療チームの一員として協働できる自立した看護師の育成に取り組み、患者様中心の医療・看護・介護に臨み、質の高い看護の提供と働きやすい職場づくり、地域の方々から信頼される病院を目指します。
                              看護部長 秦谷美佐枝

このページの先頭へ