臨床検査科

『患者様を第一に考える』
一人ひとりの患者様にとって一番良いと思われる接し方、
検査方法、報告方法を常に考えながら検査業務に従事する。

臨床検査科はこの理念を基に、スタッフ総数14名で他職種の方々と一緒になって患者様の診療を支援させて頂いております。

業務内容

臨床検査科は中央検査室、生理検査室の部屋に分かれ、24時間緊急検査にも随時対応しています。
また、外来患者様の採血業務も行っています。

中央検査室

新病院移転に伴い、ブランチ・ラボによる運営から自主運営へと移行しました。 生化学検査、免疫学検査、血液学検査、凝固学検査、輸血・血液型検査、細菌検査、病理検査、各種検査キットによる迅速検査を院内にて実施し、臨床側とのコミュニケーションをとりながら正確かつ迅速な結果報告を目指して日々業務を行っています。
輸血検査は製剤の一元管理を行っており、緊急時の対応も万全な体制をとっています。

生理検査室

超音波検査(腹部・心臓・血管・乳腺・甲状腺・体表臓器、他)を主体に、常に臨床側とディスカッションをとりながら業務を行っています。
その他にも心電図検査(負荷心電図・24時間ホルター心電図)、トレッドミル検査、ABI(心機図検査)、誘発電位検査、脳波検査、筋電図検査、呼吸機能検査、聴力検査、
体液量検査、心臓カテーテル検査など幅広い業務に従事しています。

その他活動

委員会への参加

感染防止委員会
輸血療法・臨床検査室運営委員会
NST委員会
クリニカルパス委員会
CS委員会
検診委員会
医療安全管理委員会
システム委員会
DPC委員会

委員会への資料提供
  1. 感染防止委員会へ耐性菌発生の報告、統計資料提供(週1回)とアドバイス。
  2. 輸血療法委員会へ血液製剤使用状況、輸血副作用の発生情報などの報告。
  3. NST委員会へ低アルブミン患者の報告。
院内講習会講師

生活習慣病講座、輸血療法勉強会などへスタッフが参加して講師を務めています。

臨床検査科への問い合わせ

seirikensa@gyoumeikan.or.jpへお願い致します。

このページの先頭へ