形成外科

診療担当表

特色

形成外科は体の形の問題を扱う科です。
生まれつきの変形や事故などによる外傷、癌などの手術後の障害を治療対象としています。一般の方には、なじみが薄いように思われることもありますが、日常遭遇するけがの治療などの多くに関係しており、特に顔などの形が重要な部位の治療には特に深くかかわっています。
特定の部位に限らず、髪の毛から足の爪まで全身の変形や傷などを治療対象としています。具体的には、変形やひきつれを残して治った傷跡、治りにくい傷、ほくろや体表のできもの、頭髪の欠損、顔面の変形、眼瞼下垂、顔面神経麻痺、耳介変形、乳房や指などの再建、臍ヘルニア、巻き爪などの色々な問題を扱っています。

このページの先頭へ