呼吸器内科

診療担当表

特色

呼吸器内科外来では、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、結核(後遺症を含む)、肺がんなどの診断、治療を行っています。気管支喘息は、吸入ステロイドを中心とした治療の進歩により、外来におけるコントロールは格段に改善しております。

慢性閉塞性肺疾患や結核後遺症などによる慢性呼吸不全の患者さまは多数おられ、抗コリン剤を主とする薬物療法、呼吸器リハビリテーション、非侵襲型人工呼吸器(BIPAP、ASV)の導入、在宅酸素の導入などの包括的治療を積極的に進め、呼吸療法士とともに在宅酸素から在宅人工呼吸療法の患者さまの在宅診療を行っています。これらの患者さまが急性増悪した際には、24時間救急体制でバックアップしているのも当院の大きな特徴です。気管支鏡検査も、血痰や持続する痰のある患者さま、検診などで胸部異常陰影を指摘された患者さまに対して精査を行っております。

医師紹介

副院長 内科統括部長

牧野 晋也

牧野 晋也
出身大学 岡山大学(昭和58年卒業)
資格 医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
専門領域 内分泌疾患
代謝疾患
研究領域 ストレスの神経内分泌応答 摂食の中枢調節
SASにおける内分泌代謝異常
(平成2~5年米国NIH留学)
所属学会 日本内分泌学会(評議員)
日本神経内分泌学会(評議員)
日本内科学会
日本呼吸器学会
日本肺癌学会
日本結核病学会
日本リウマチ学会

呼吸器内科 医長

朴 将哲

出身大学 山形大学(平成13年卒業)
資格 医学博士
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
専門領域 呼吸器内科
所属学会 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本アレルギー学会
日本肺癌学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本癌学会
米国臨床腫瘍学会
世界肺癌学会

このページの先頭へ