内視鏡室のご案内

内視鏡室では、食道・胃・十二指腸・大腸などの消化管疾患、胆膵疾患の診断治療、さらには肺がん、びまん性肺疾患などの呼吸器疾患に対し気管支鏡検査を行っています。

診断

検診など通常の内視鏡検査に加えて、最新の内視鏡機器を導入し、色素内視鏡・拡大内視鏡・特殊光(NBI)内視鏡による診断を行っています。

治療

上・下部消化管のポリープ、早期癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っております。さらに消化管出血に対する内視鏡的止血術も行っています。

胆管結石に対する内視鏡的乳頭括約筋切開(EST)、截石術、内視鏡的胆道ドレナージ(ENBD,EBD)などの内視鏡的治療も行っています。

悪性腫瘍による消化管狭窄(食道、胃、十二指腸、大腸)、胆道狭窄に対しステント留置を行い、患者さまのQOL向上に努めています。

当院では、咽頭反射の少ない経鼻内視鏡や鎮痛・鎮静剤を用いた苦痛の少ない内視鏡検査を提供しています。内視鏡検査についてご要望、ご質問などございましたら、いつでもお気軽にスタッフにお尋ね下さい。

このページの先頭へ