粒子線治療外来

「粒子線治療外来」では、兵庫県粒子線医療センターの放射線専門医が診察を行っています。様々な角度から検討を行い、兵庫県粒子線医療センターへのご紹介も致します。

粒子線治療とは

従来の放射線治療が「光子線」と呼ばれるX線やガンマ線を用いるのに対し、粒子線治療では「陽子線」と呼ばれる粒子のビームが使われます。がん病巣への線量集中性が高く、従来の放射線治療に比べて高い治療効果が期待できます。また身体的な負担も少なく、通院治療も可能です。
2017年夏には、旧大阪暁明館病院跡地に、医療法人伯鳳会が運営する大阪初の粒子線治療施設「大阪陽子線クリニック」(写真)がオープンする予定です。











「大阪陽子線クリニック」2017年夏オープン

 「大阪陽子線クリニック」紹介

診療の流れ

外来実施日

診療日:毎週金曜日 午後診(PM1~3)
    ※事前にお問い合わせください。
担当医:山本道法
     医学博士
     日本医学放射線学会放射線治療専門医
     日本がん治療認定医機構がん治療認定医
     日本食道学会食道科認定医
専 門:放射線治療

お問い合わせ

電話 06-6462-0261
info@gyoumeikan.or.jp

このページの先頭へ