1月27日(土)午後2時から、当院1階のインマヌエルホールでパイプオルガンコンサートを開催します。参加費は無料。皆さまお誘い合わせのうえ、ふるってご参加下さい。

第99回パイプオルガンコンサート

日 時 : 2024年1月27日(土)
午後2時~

 

演奏者 :

岩佐 智子(いわさ ともこ) オルガン

大阪音楽大学音楽学部器楽学科オルガン専攻卒業。第32回日本オルガニスト協会新人演奏会に出演。その後2008年にスイスへ渡る。
バーゼル音楽院の大学院を2つの修士課程、コンサート及びソリストディプロムを得て修了。これまでにオルガンを土橋薫、マルティン・ザンダー(M. Sander)、即興演奏をルドルフ・ルッツ(R. Lutz)の各氏に師事。大学院在学中にはバーゼル郊外のドルナハ改革派教会、バーゼル市内のメソジスト教会にて主任オルガニストを務める。ヨーロッパ各地で行われるマスターコースにても研鑽を積む。これまで、国内外で多数のソロコンサートを行うほか、管楽器や打楽器、声楽とのジョイントコンサート、合唱や室内楽、オーケストラとの共演も行う。また、オルガン啓蒙活動として、現代音楽の演奏にも積極的に取り組むほか、ラジオ放送への出演や異ジャンルとのレコーディングに参加するなど、幅広く活動の場を広げる。病院や学校でのコンサート活動にも取り組む。2013年から2017年まで姫路パルナソスホールオルガニストとして、オルガン振興事業の企画や演奏、またオルガン講座の講師等を担当する。
現在、日本キリスト教団マラナ・タ教会オルガニスト。
一般社団法人日本オルガニスト協会会員。

ソプラノ:沼田葉子(★)


相愛高等学校音楽科を経て、相愛大学音楽学部声楽専攻卒業、同大学専攻科修了。相愛学園創立120周年記念オペラ公演「魔笛」にてパミーナ役で出演。
第13回、第20回京都フランス音楽アカデミーにて、アンヌ=M.ロッド、P.ブーヴレ各女史のマスタークラス受講。
『アドリアーナ・ルクヴルール』のジュブノ嬢役でオペラデビュー。これまでに『ドン・パスクァーレ』のノリーナ役、『メリー・ウィドー』のヴァランシェンヌ役などで出演。
第5回東京国際声楽コンクール一般部門入選。
酒井光子、上山敦子、米田哲二の各氏に師事。
オルガン、フルート、歌によるアンサンブルユニット「Luftrio(ルフトリオ)」のメンバーとして活動中。
宗門においては、本山本願寺における親鸞聖人750回大遠忌法要に讃歌衆として出勤する他、CD『仏教讃歌』(本願寺出版社)などにコーラスとして参加。また築地本願寺でのランチタイムコンサートに出演。
現在、関西二期会、フランス歌曲研究会会員。

 
【出演】

岩佐智子(オルガン)、沼田葉子(ソプラノ)★

【演奏曲】

前奏曲 イ短調 BWV569(J.S.バッハ)
装いせよ、わが魂よ BWV654(J.S.バッハ)
歌劇≪リナルド≫より「私を泣かせてください」(G.F.ヘンデル)★
≪水上の音楽≫第一組曲より「エア(アリア)」(G.F.ヘンデル)
アヴェ・ヴェルム・コルプス(W.A.モーツァルト)★
ソナタ ト短調 Wq70ー6(C.Ph.E.バッハ)
小さな空(武満徹)★
冬の星座(W.ヘイス)★

 

今後の予定はスケジュールをご覧ください。
※2月10日(土)のオルガンコンサートは都合により中止にさせていただきます。
こちらから