地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟って何?

入院治療後、病状が安定した方に対して、リハビリや退院支援などを効率的かつ高密度に提供する「在宅等復帰支援のための病床」です。また、在宅で介護にあたっているご家族(介護者)が、その疲れから介護を続けることができなくなることを防ぐ「レスパイト入院」を提供する「在宅医療・介護を支える病床」です。
レスパイト入院では、冠婚葬祭や介護者の病気・入院・出産・旅行などで一時的に在宅介護が困難になる場合に、患者さまの入院を受け入れることで介護者を支援します。 lang=EN-US>

対象となる方

急性期の治療が終了し、在宅等復帰へ向け、経過観察やリハビリ、退院支援などが必要な方です。具体的には、
style='font-size:11.0pt;font-family:AR丸ゴシック体M'>・当院でもう少し経過観察が必要な方 lang=EN-US>
style='font-size:11.0pt;font-family:AR丸ゴシック体M'>・在宅復帰に向け積極的なリハビリが必要な方 lang=EN-US>
style='font-size:11.0pt;font-family:AR丸ゴシック体M'>・在宅への退院準備に一定の時間が必要な方 lang=EN-US>
style='font-size:11.0pt;font-family:AR丸ゴシック体M'>・レスパイト入院の方

地域包括ケア病棟の特徴

在宅復帰を円滑に行うため、在宅復帰支援計画に基づき、主治医や看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなどが治療や支援、退院後のケアについてサポートを行います。最長60日以内の退院が原則となっていますが、病状の変化により集中的な治療を要する場合には、一般病床への移動をお願いすることがあります。
style='font-size:11.0pt;font-family:AR丸ゴシック体M'>また、冠婚葬祭や介護者の入院・出産・旅行などで一時的に在宅介護が困難になる場合に、レスパイト入院の受け入れを行っています。地域包括ケア病棟でのレスパイト入院の場合、最長 lang=EN-US>30日以内の退院が原則となっています。

入院から退院までの流れ

このページの先頭へ