消化器センター

当院では、「患者様と開業医の先生方にとってわかりやすい外来診療」を目的に、『消化器センター』を開設し、総合的に消化器疾患の検査、診断、治療にあたっております。
当センターでは、従来からの消化器内科と外科といった垣根を超え、消化器内視鏡・消化器病・消化器外科の専門医を配置し、消化器内科医と外科医が連携を緊密に行い協働して診療にあたり診療の効率化を目指しています。
消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門)や肝臓・膵臓・胆道などの幅広い消化器のがんに対し、初期診断や内視鏡検査・治療などは消化器内科が、腹腔鏡手術や開腹手術は消化器外科が担当し、迅速かつ的確に最善の治療を行うよう取り組んでおります。
また、消化器のがんだけでなく、胃・十二指腸潰瘍・肝炎・胆石症・膵炎・炎症性腸疾患・肛門疾患(痔核、裂肛、痔ろう)などの良性疾患や、急性腹症など緊急度の高い疾患に対しても最適な診断と治療を迅速に対応することをモットーとしており、患者様としっかりとした信頼関係を築き、一人ひとりと向き合い最適な治療を提供できる体制を強化していきます。

カンファレンス


手術・検査


消化器内科・外科の各診療科ページは下記より参照ください

消化器内科(消化器センター) 外科(消化器センター)

このページの先頭へ