脳神経外科

診療担当表

特色

脳神経外科は、中枢神経である脳と脊髄、さらにその中枢神経に繋がっている末梢神経に関わる疾患を治療対象とします。英語圏で脳神経外科に相当する診療科はneurosurgeryであり、直訳すると神経外科となります。日本に開設されるにあたり精神神経科と混同されるとの考えから、脳神経外科と命名され今日に至っています。一般的に我が国では脳のみを対象とする様なイメージがありますが、諸外国では脊髄や末梢神経に関わる脊椎脊髄疾患の診療実績が、その7割にのぼるとされています。

当院では脳卒中や頭部外傷のみならず、高齢化社会で増加する一方の脊椎脊髄疾患の治療に注力し、これに起因する手足の痛みや痺れ、さらに麻痺に対応した治療を行なっていきます。従来日本では整形外科が主体となって治療してきた分野ですが、現在その専門医制度は、整形外科と脳神経外科両方から同一ライセンスを取得する様になっております。

主な疾患

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離すべり症、頸椎症性頸髄症、頸椎症性脊髄症、頸椎症性神経根症、脊髄腫瘍、脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍等

医師紹介

脳神経外科 部長

岩月 幸一

岩月 幸一
出身大学 徳島大学(昭和63年卒業)
専門 脳神経外科
脊椎脊髄外科
資格・認定医 日本脳神経外科学会専門医、指導医
脊椎脊髄外科認定医
日本脊髄外科学会指導医
医学博士

 

このページの先頭へ